忙しい人も安心~便利な宅配便受け取りサービスをご紹介します。

忙しい社会人は宅配便の受け取り方を見直す

不在連絡表

ネットショップの市場拡大が広がり続ける中で、宅配業者の中には再配達の過激化が問題となっています。

 

とはいっても、忙しい現代社会人に在宅し続けろというのは難しい問題で、時間指定を利用しても夜の時間帯にアクセスが集中するのみです。

 

加えて、現在は新型コロナウイルスの感染拡大が災いして、宅配便の受け取り方も変化を余儀なくされています。
人に会わなくて良い受け取り方へのアプローチが急激に広まったことで、流通業界に多様性が生まれました。

 

現在の流れはこれから先、同じように感染症など不測の事態に陥った際に留まらず、転用が効く改革です。

 

私たちが、今の内から活用できる宅配便の受け取り方を確認しておきましょう。

 

生活スタイルで変化する荷物の受け取り方

宅配ボックスを活用

マンションやアパートに暮らしている方は、備え付けられている宅配ボックスの活用が有効的です。

 

一般的にはオートロックの外側に配置される形となりますが、同じ部屋に住む人間同士しか持っていないキーを使うため、間違えること無く安全に荷物を受け取れます。

 

コンビニでの受け取り

荷物を受け取れるコンビニ

ネットショップだと、注文時に受け取り方法を最寄りのコンビニに指定できます。
コンビニは24時間営業の場合がほとんどであるため、帰宅時間が遅くなっても問題なく荷物を受け取れる有効的な方法です。

 

受け取りにはコンビニに設置されている端末操作が必要な場合が多いですので、しっかりと受け取り手順を確認して利用しましょう。

 

街の宅配ロッカーで受け取る

最近では、駅ナカや駅チカに宅配ロッカーという無人の宅配便受け取りロッカーが設置されています。
お買い物時に宅配ロッカーへの配達を指定すれば、受け取りのためにコンビニによる手間すら省けます!

 

また、無人のため極力人と接触したくない場合にも有効的です。

 

一部サービスでは宅配ロッカーを使った荷物の発送も可能であるため、感染症拡大時には是非とも利用したいサービスの1つとして認識されています。

 

置き配を利用する

一時期“置き配”という配達方法話題になりました。

 

利用者があらかじめ用意したコンテナやボックスに荷物を入れておいて貰えるサービスです。
コンテナやボックスに厳密な指定は無いため、宅配ボックスの無い家庭でも容易に導入できます。

 

セキュリティ面に不安を感じる利用者もいましたが、昨今の感染症拡大の影響で在宅しながらも置き配を利用できるサービスが始まったことで、一気に利用が加速しました。

 

利用者も業者も宅配の受け取り方を再考する

荷物を受け取っている女性

多様化された宅配便の受け取り方を熟知しておくことは、ネットショップが主流の現代において重要です。
受取人の生活リズムに適するのはもちろん、感染症などの不測の事態に適切に対応する場合にも有効的な手段として活躍します。

 

また、感染症拡大以前から問題視されていた再配達問題に対しての打開策としても転用されることが期待できるため、配達業者にとっても利用者にとっても、思いやりのある試みとなるのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る